v e r β ( u n d e r _ r e n o v a t i o n )
[US🇺🇸]Letter from ‘Bums’: 中西部の吠える子供たちのワイルドなシングル(The Roaring Midwestern Kids Wild Single) + Interview

[US🇺🇸]Letter from ‘Bums’: 中西部の吠える子供たちのワイルドなシングル(The Roaring Midwestern Kids Wild Single) + Interview

『リッチモンド/USの高校生中心のYouth collective ‘Bums’ からdebut曲 ‘Holy Smoke’ のpromotionのmailが届いた。試聴用のsoundcloudのリンクを開くとそこにはHIPHOP元来の “FUN” と “WONDER” が詰まった楽曲が耳を占領した。簡単に言えばJB’s 3rd + Jurassic 5って感じ。気になったんでBumsの特別なsoundを支えるproducerのXdamにmail interviewしてみました。』

以下は彼らから届いたMailの翻訳です


中西部の吠える子供たちのワイルドなシングル(The Roaring Midwestern Kids Wild Single)
Text by Bums

ガレージで何時間も何時間も、壁に向かってshitを放ってそれが刺さるかどうか見ていた。Bumsは高校生のグループです、インディアナ州リッチモンドを離れる事を夢見て「普通」の生活を送ることに恐怖する少年たちの。私たちのデビューアルバム ‘Avery’ は、メンバーのKellan Graeが書いた映画の脚本のサウンドトラックとして始まりましたが、すぐに新たな存在へと進化しました、このファーストシングル “Holy Smokes” に導かれるように。

 [Hours and hours were spent in a garage throwing shit at a wall seeing if it sticks. Bums is a group of high school kids with dreams of leaving Richmond, Indiana and the “normal” lives we’re dreading. Our debut album “Avery” began as a soundtrack to a movie script written by group member Kellan Grae, but quickly evolved into a new entity, being led by it’s first single “Holy Smokes”.]

L→R: Jay Frye、Kellan Grae、Vaw Golde、Kevin Calderon

このプロジェクトの最初のトラックは、本質的に大げさなものです。10代の優先事項、マリファナ、そしてグループの全体的な目標についてのフロスの効いたラップがバランスよく配置されています。プロデュースを担当したのは、主要メンバーの一人であるAdam Mathews(別名Xdam)。突き刺すようなドラムと切り刻まれたボーカルサンプルの組み合わせは、Jay Frye、Vaw Golde、Kevin Calderonが、Kid Mentiが歌うシルキーなコーラスの間で心の声を吐き出すための完璧なキャンバスを作り出しています。バンドは、メンバーとメンバーの間でスポットライトが素早く入れ替わることで、リスナーを飽きさせることはありません。この曲は、N.E.R.D.のアルバム ‘Seeing Sounds’ のようなエネルギーを持ちながら、Big Lのトラックのような威勢の良さがにじみ出ています。

 [The first track to seep out of the project is bombastic in its essence. It balances flossy raps about teenage priorities, marijuana, and the overall goals of the group. The production is handled by one of the core members, Adam Mathews (AKA Xdam). The piercing drums met with the chopped up vocal samples creates the perfect canvas for Jay Frye, Vaw Golde, and Kevin Calderon to spit their hearts out in between the silky chorus intoned by Kid Menti. The band keeps the listener on their toes with the quick swapping of spotlight from member to member. The song carries the energy of the “Seeing Sounds” album by N.E.R.D. while oozing the braggadocio of a Big L track.]

グループとしてのBumsを形成するインスピレーションはあちこちに広がっています、7人のメンバーがそれぞれ異なる影響を受け、自分たちのアイデンティティを作り上げているように。インディアナには音楽シーンがなく、事実上、不毛の地です。Bumsはリッチモンドの音楽シーンなのです。Holy Smokes は、我々の世代の最高の芸術が若い頭脳によって紡がれた集大成であり、すべての人が見るれるように展示されます。

 [The inspirations that shape Bums as a group extends all over the place as the 7 members all have different influences that create their identity. There is no Indiana music scene, it’s practically a barren wasteland. Bums IS Richmond’s musicscene. Holy Smokes is a culmination of our generations best art spun through young minds and put on display for all to see.]

次のProjectとBumsの未来にご期待ください。
 [Look out for upcoming projects and the future of Bums.]


彼らが気になったので調べてみるとTW/IGそれぞれに1つの動画が貼ってあった。

Off Future/Brockhamptonの遺伝子を感じさせつつも キャラが立ったflowにクオリティの高いtrackと映像コンセプト。そして何よりこの作品の次にHoly Smokeが出たことに驚いた。

IGのアカウントをフォローして行くと、ProducerのXdamからフォローバックが帰ってきたのでbumsについて聞いてみました。衝撃的な回答を得られた興味深い内容になったのでチェックしてください。

HARVEST: 君たちの曲を聴きました。英語が得意じゃないから何を言ってるかは分からなかったけど、楽曲はとてもフレッシュでした。みんな高校の同級生なの?18才ってこと?
 [I listened y’all shit. I’m not good at English & I can’t understand all words. But sounds are so fresh. Are y’all just high school mate? Most of y’all 18y.o?]

Xdam: ありがとう!そうだね、僕らの殆どは高校生だよ。殆どはもうすぐ卒業するけどね。最年少は17才で最年長は22、他は18〜19って感じだね。僕らはただ、可能な限り若々しく反抗的なサウンドの曲を作りたかっただけなんだ。
 [Thank you So much! and yes for the most part we are in high school. Most of us are about to graduate though. Our youngest member is 17 and our oldest is 22, the rest of us are around 18-19. And we just wanted to make the most youthful/rebellious sounding song possible.]


H: “Bums”はどうやって始まったの?そして”Bums”って何?
 [How did “Bums” start & what is “Bums”?]


X: Bumsは、僕らが全員高校生だった2017年11月11日に設立されたんだ。僕らの最初のプロジェクトは、2019年の夏に公開した”premature”で、グループとして初めて作ろうとしたEPやアルバムなんだ。僕らはほとんどの夜を僕の家に泊まり込み一晩中音楽制作をしてたんだ、より良くしようとね。正直に言うと、この時の僕らはあまり良くなかったけど、経験することでより良い音楽を作る方法をたくさん学んだんだ。2018年11月、僕らはBrockhamptonのコンサートに行って、それは僕らの人生を完全に変え、帰りの車の中で、次のプロジェクトをどのように作るかを計画し、それが”Avery”になったんだ。約2年間一生懸命働いた後、僕らは”Avery”の準備のためにストリーミングサービス上のすべての音楽を削除することを決めました。
Bumsは、何もないところから最大限に活用することを意味します。音楽を作るという夢を追求するために多くの犠牲が払われましたが、人生がどのようになろうとも、僕らは常にそれをやり続けるんだ。
 [Bums was founded November 11th, 2017 when we were all in high school. Our first project came out summer of 2019 and was called “premature”. it was our first ever attempt to make an ep or album as a group. We spent most nights staying at my house working on music all night just trying to get better, and i’m not gonna lie, we were not very good at this time but we did learn a lot on how to make better music just by experiencing it. next we had a single called make amends which was very noticeable an improvement from anything we had done before. In November 2018 we went to a Brockhampton concert which completely changed our lives and on the car ride home we even planned on how to make the next project which would end up being “Avery”. After working very hard for about 2 years we deceived to delete all music on streaming services to prepare for “Avery”.
Bums stands for making the most out of nothing. So many sacrifices were made pursuing this dream of making music, but no matter what we will always keep doing it no matter how life goes.]


H: 君たちのサウンドはとても独特ですね。どんな種類の音楽に影響を受けたの?リーダーはいるの?
 [Your sound are so unique. What type of music influenced you? Who is the leader?]

X: 僕らが最も影響を受けたのは、ROCKとHIPHOPのmixtureだね。そして、僕らのグループにはリーダーはいないんだ。重要な決定はグループでしてるんだ、僕らにはそれが一番イイ方法だと思うからね。
 [Our biggest influence was a mixture of rock music and hip hop music.
And we don’t really have a leader in our group, big important decisions are decided as a group because we feel like we can make the best possible decisions that way.]


H: なぜ私が”Holy Smoke”に驚いたかというと。それは”Old school”と”Funk”を感じたからなんです。全員のflowはとても独特でフレッシュで個性的です。あの曲に”Old school”のようなoriginal art formを感じました。あのTrackは本当にヤバいです。
 [Why I surprised “Holy Smoke”. It has “Old school” flavor & “Funk”. All flows are really unique, fresh & original. It feel original art form as like “Old school”. The track is really crazy shit.]

X: Track面で”Holy Smokes”に最も大きな影響を与えたのは、プロデューサーの”Timbaland(ティンバランド)”でしょう。彼は、ヒップホップ界では非常にクラシックでオールドスクールなプロデューサーで、私は毎晩のように彼のプロデュースビデオを見ています。私はただ、彼のプロダクションが持つ古いヴィンテージなサウンドと、エネルギッシュでアグレッシブなボーカルを組み合わせてみたかったんです。
 [One of the biggest influences for the track Holy Smokes was probably the producer “Timbaland”. He is a very classic and old school producer in hip hop, and i watch videos of him producing almost every night. I just wanted to try and combine the old, vintage sound of his production with the energetic and aggressive vocals.]



H: えっTimbalandがold schoolなの? そうだよね、君は若いもんね。 “SMOKEFREEAREA”のProduceも君なの?
 [Oh…is Timbaland old school? Yes, you so young. Is “SMOKEFREEAREA” produced by you?


X: “SMOKEFREEAREA” は僕とJackson(vaw golde)がProduceしたんだ、そして僕らでレコーディングして、MixしてMaseringして、全てを自分たちでやったんだ。
 [“SMOKEFREEAREA” was produced by me and jackson(vaw golde) and we recorded, mixed, and mastered everything ourselves.]


H: 君たちのDebut作 “Avery” はいつ発表されるの?メールで書いてあったけど、そのalbum projectは最初映画のサントラから始まったって。それは今も映画のサントラなの?
 [When your debut album “Avery” drop? You(bums) write in mail, that album project is start from movie’s soundtrack. Is that still soundtrack for movie?]


X: そうだね、実は、公開予定の短編映画の脚本が書き上がってるんだ。 当初は1〜3年で3本の短編映画をリリースする予定で、短編映画ごとに新しいアルバムをリリースする予定だったんだ。アルバムを作り始めてから約半後、最初は音楽に集中して、撮影や映画はその後に取り組むほうがいいとみんなが気づきいたんだ。 近い将来、僕らは間違いなくある種の撮影や映画に取り組んでいるはずだよ。 アルバムの制作をしていた最初の頃、映画のサウンドトラックにぴったり合う曲を作ろうとしていたら、それがアルバムの全体的な構造と方向性になったんだ。
 [And yes we actually have a whole script written out for a short film we were gonna release. We originally planned on releasing 3 short films over 1-3 years, and with each short film we were gonna release a new album to accompany it. About a half a year into making the album we all realized it would be better to just focus on the music itself first and then work on film and movie stuff after. We will most definitely be working on some type of film or movie in the near future. While we were working on the album at first, we would just make songs that would perfectly fit the soundtrack of the movie, and that’s how we found the overall structure and direction of the album.]

H: Bumsのみんなのお気に入りの映画は何?
 [What’s the favorite movie of bums?]

X: Bumsのみんなが好きな映画といえば”Goodfellas”かな。僕らみんなこの映画には特別な思い入れがあるんだ。
 [I’d say the favorite movie of bums is “Goodfellas”. We all have a special connection to this movie.]

H: 最後に、次のプランとメッセージを。
 [At last. Next plan & Massage.]

X: 夏までには残りのシングルをリリースしアルバムをリリースする予定で、アルバムに収録されている曲のビデオも複数制作する予定です。また、Averyがどのようにして作られたのかを示すドキュメンタリーや、グッズ、メールマガジンなどもリリースする予定だよ。
 [We are releasing the rest of the singles and then our album by summer time along with multiple videos to tracks on the album. We also plan on releasing a documentary eventually to show how Avery was made as well as merch and a e-magazine.]H: 君たちのDebut作 “Avery” はいつ発表されるの?メールで書いてあったけど、そのalbum projectは最初映画のサントラから始まったって。それは今も映画のサントラなの?
 [When your debut album “Avery” drop? You(bums) write in mail, that album project is start from movie’s soundtrack. Is that still soundtrack for movie?]


Thank you Xdam & Bums. Thae future is lght. Keep check them moves.


Bums
IG: @bums.media
TW: @bums_media
YT: Bums
SC: Bums
FB: openmindedbums

other Bums archives
日本語: #bums
Eng: #bums-en

InterviewCategory's Latest Articles