v e r β ( u n d e r _ r e n o v a t i o n )
[PH🇵🇭]’LONER’ interview by mixmag.asia(和訳)

[PH🇵🇭]’LONER’ interview by mixmag.asia(和訳)

『私が作っている音楽は、私たちがこの地に持っているものがすでに美しいことをフィリピン人に認識させるための試みです。だから私達は他のどこかを探し続ける必要はありません。』

Philippineから新たに素晴らしいArtistを発見しました。
その名は ‘LONER’ 。

彼の魅力を簡単にいうと

・曲が超カッコイイ
・Deep houseのtrack上でPhilippineの現地語である ‘Tagalog語’ で歌う ‘TAGALOG HOUSE’ というジャンルを開拓(コンセプト等詳しくはinterview内に)
・No Romeのドラマー兼MIDIプログラマー、またDirtyHitのツアーサポートを担当

これだけでも注目の彼ですが、mixmag.asiaさんが行なっていたLONERのinterviewがとても興味深い内容だったので和訳させていただきました。

Philippineという植民地の歴史を持つ国でRootsやcommunityに強いこだわりを持つ若者が欧米発祥の音楽に生きる中で抱えた葛藤の先に見出した音楽’TAGALOG HOUSE’の可能性。
是非Checkしてください。


LONERは、クラブミュージックと自分の国のアイデンティティを衝突させたフィリピン人アーティストで、彼はそれを ‘TAGALOG HOUSE’ と呼ぶ。
[LONER IS A FILIPINO ARTIST CLASHING HIS COUNTRY’S IDENTITY WITH CLUB MUSIC & CALLING IT TAGALOG HOUSE]


このアーティストのEP ’Into Midnight’ は、フィリピンのハウスミュージックのユニークなサウンドに命を吹き込む。

[The artist’s ‘Into Midnight’ EP brings to life the unique sound of Filipino house music]

Lean Ordinarioは、ロンドンを拠点に活動するNo RomeのドラマーやMIDIプログラマーとして世界中をツアーしてきました、今回のソロプロジェクトであるLONERでは、彼自身のフィロピン人としてのルーツをより深く掘り下げています。90年代のハウスやUKガレージに影響を受けたサウンドに、マニラの方言であるタガログ語を組み合わせた彼のサウンドは、Tagalog houseという独特のサウンドを生み出しています。

[Lean Ordinario has toured the world as a drummer and MIDI programmer for London-based musician No Rome, but it’s in his solo project, LONER, where he finds himself digging deeper into his Filipino roots. With a sound influenced by 90s house and UK garage met with the local dialect in Manila, Tagalog, he has brought to life a unique sound: Tagalog house.]


しかし、なぜこれが凄いことなのかって?考えてみてください、フィリピンは何百年も前から欧米諸国に植民地化され、その影響が地元の文化に大きく浸透してきました。それは実際、フィリピンの人々は認めたがらないでしょうが、フィリピンでは英語が自国語よりもより優れた言語として扱われることが多いことからもみてとれます。

[But why is this a big deal? To put things in perspective, Filipinos were colonised by Western countries for hundreds of years, with their influence seeping heavily into the local culture. In fact, as much as Filipinos hate to admit it, the English language is often treated as the more superior language in the country.]

『タガログ語は美しい言語です。』LONERは続けます。
『何年もの植民地化にもかかわらず、私たちは自分たちの言語を守ることができました、これは私たちのIdentityです。だからこそ、ここで生まれ育ったのにタガログ語すら話せないフィリピン人に会うと私は相手が誰であれイライラします。また、フィリピンでは、タガログ語ではなく英語を話す人は自動的にタガログ語を話す人よりも知的であるとみる考え方もあります。狂っていて愚かですが、(言語による)差別は現実にあります。』と。

[“The Tagalog language is beautiful,” LONER tells us. “And despite all the years of colonisation, we were still able to keep our language — it’s our identity. That’s why it frustrates me whenever I meet Filipinos who are born and raised here yet they don’t even speak Tagalog. There’s also a certain mentality here that when you speak English and not Tagalog, you’re automatically more intelligent than those who speak the latter. It’s crazy and stupid, but the discrimination is real.”]


高校では英語ではなくフィリピン語を話すと減点されると言っています。『それがどれほど有毒かって?将来私たちに何が起こるか想像してみてください、もしこのような考え方が続けば、私たちの先祖が懸命に戦って守ってきた言語を忘れてしまうのです。』

[He goes on to say that in high school, he would get demerits for speaking Filipino and not English. “How toxic is that? Imagine what will happen to us in the future if this mentality continues, and we forget our language that our ancestors fought hard to keep.”]


そして、これこそがLONERの音楽を構築する原動力です。

[And this is the fire upon which LONER’s music is built.]


『私が作っている音楽は、フィリピン人に、ここにあるものはすでに美しいものだと気付かせるための試みです、私達は他のどこかを探し続ける必要はないんだと。』と彼は付け加えます。

[“The music I’m making is an attempt to make Filipinos realise that what we have here is beautiful already, so we don’t have to keep looking elsewhere,” he adds.]


LONERが Tagalog house と呼ぶこの新鮮なサウンドを通して、彼はフィリピン人の自国語に対する軽蔑的な固定観念を打ち破ろうとしています。『私たちの文化に力を与える最善の方法は、フィリピン人が自分自身をもっと好きになってもらうことだと信じています。R&Bやヒップホップのシーンには地元のアーティストが参加していますが、私たちが聴くダンスミュージックのほとんどはまだ欧米諸国からのものです。』

[It is through this fresh sound — which LONER calls Tagalog house — that he wants to break the demeaning stereotype towards the Filipino language. “I believe that the best way to empower our culture is to get Filipinos to love themselves more. Local artists have already entered the scenes of R’n’B and hip hop, but most of the dance music that we listen to still comes from Western countries.”]


『ダンスミュージックを聴く人口の増加に対して、このトレンドを掴む最善の方法を考えました、そしてフィリピン人アーティストが作詞・プロデュースしたタガログ語の歌詞によるダンスミュージックEPを作ることだと確信しました。』

[“With the rise of people listening to dance music, I figured that the best way to capture this trend and my beliefs are to create a dance music EP with Tagalog lyrics, written and produced by a Filipino artist.”]


彼は音楽を通してフィリピン人のアイデンティティーの葛藤を解き明かすだけでなく、この国のクラブカルチャーに関連したトピックにも触れていて、LGBTQIA+コミュニティ支援活動の中にある男性性について光を当てています – 重要な議論のポイントは、今年初めの’プライドマーチ’に平和的に集まった人々が、応援される代わりに男性警官に逮捕された国での話だということです(この出来事はこの国のLGBTQIA+コミュニティ全体を激怒させました)。

[More than unravelling the struggle of Filipino identity through his music, he also touches on topics relevant to club culture in the country, shedding lightly on toxic masculinity in support of the LGBTQIA+ community — an important point of discussion in a country where people who gathered peacefully at the Pride March earlier this year and were arrested by male officers instead of being cheered on (a moment that infuriated the entire LGBTQIA+ community in the country).]

『私は怒りと苛立ちを感じていました』とLONERはこの出来事について話をする前に言いました。『パンデミックの最中に自宅から出来ることは限られていました、実際にリスクを冒してでも自分たちの信念を表現した人たちは(注釈、彼らはsocial distanceのルールに従っていました)自分たちがプライベートパーティーを開催していたことは棚にあげる偽善的な警察によって逮捕されたのです、しかも彼らは警官に対しそんなことは許可されてないと言ったにも関わらずです。当時は多くの不正が起きていました、そして今も。』

(“I was angry and frustrated,” says LONER of the events that unfolded. “There’s only so much you can do from your home in the middle of a pandemic, and those who were actually taking risks by expressing what they believed in (take note, they were following social distancing rules) had to get arrested by the hypocritical police who were holding their own private parties, when they themselves said that things like that weren’t allowed. There have been a lot of injustices happening at that time, until now.”)


プライドを支援するために、彼は創作物にドラァグを加えました、好きなように自由に踊る彼らの姿を彼の ‘Catwalk’ のMVの中に収めることで、クラブカルチャーの表面的なレベルを超えて、コミュニティの歴史や闘争についてのメッセージを伝えることを重要視していました。

(In support of Pride, he featured creatives in drag, dancing freely in whatever they wanted in his video for ‘Catwalk’, moving past the surface level of club culture and instead making it a point to convey a message on the community’s history and struggle.)


『ダンスミュージックを聴くと、キャットウォークを歩いているような服装で自分を表現することに自信が持てます』とLONERは言います。 『私はずっとファッションにも興味があり、両者(音楽とファッション)は密接に関係しているように感じます。フィリピンで育った人々、特に壊れやすい男性性の背後に隠れている人々は、あなたの服の選択について多くのことを言う必要があります。ドレスアップを望む事でフェミニンとラベル付けされることを恐れ、シンプルな見た目を選択するのはクールなことではありません。他の人の興味をけなすのもクールなことではありません。私はそれらについての欲求不満を表現するために曲を書きましたが、(MVに出演してもらった)Elephantの素晴らしい人々がいなければ、それをやる気にならなかったでしょう。』

[“When I listen to dance music, it makes me feel confident about expressing myself with clothing like I’m walking on a catwalk,” says LONER. “I’ve always been interested in fashion as well and I feel like they both go hand in hand. Growing up in the Philippines, people just have so much to say about your clothing choices, especially those who are hiding behind their fragile masculinity. There’s nothing cool about choosing to look simple just because you’re afraid to be labelled feminine for wanting to dress up. Nothing cool about shitting on other people’s interests either. I wrote the song to express that frustration, but I wouldn’t have felt empowered to do that if it weren’t for the amazing people from Elephant (the people I featured on the video).”]

国内のクラブミュージックの起源はかなり曖昧ですが、LONERはコミュニティにとってのクラブミュージックの重要性を認識しています。 『クラブミュージックは、黒人のクィアの人々から始まりました。ゲイクラブがクィアの人々にとって唯一の安全な場所だった事もあったし、他のジャンルと同じように、ダンスミュージックも抑圧の中から生まれたものなんだ。紛れもなく美しい音楽だからこそ、メインストリームへの道を歩むことができた。フィリピンでも似たようなケースなのかもしれません。私はクィアのイベントでたくさんの良い人たちと出会い最高の曲を聴いてきました、私のようなシス・ストレートの人たちの多くはそこで自分なりの解釈を作り上げてきました。今楽しんでいる音楽がどこから来ているのかを知り、尊重することが大切だと思っています。』

[While the origins of club music in the country are quite murky, LONER recognises the importance of it to the community. “Club music started from queer, black folk. There was a time where gay clubs were the only safe space for queer folk and just like other genres, dance music was born from oppression. The music is undeniably beautiful, so it was able to make its way to the mainstream. It’s probably a similar case in the Philippines, I met a lot of good people and heard the best songs on queer events, but a lot of cis straight people like myself have been creating their own interpretations of it. I believe it’s important to know and respect where the music we enjoy now comes from.”]



そして、彼は彼の音楽を通して、地元のクラブカルチャーが常に独自のアイデンティティを求めて闘っていることへの意識を高めたいと考えている。
『私の音楽が人々を教育し、刺激し、できれば仲間のフィリピン人アーティストや文化を高めてほしいです。自分の音楽が、この世界で聴かせたい声になるようにしたいんだ。』
[And it is through his music that he hopes to create more awareness towards the local club culture’s constant grapple for a unique identity, “I want my music to educate and inspire people, and hopefully elevate fellow Filipino artists and culture. I want my music to be the voice I wanna hear in this world.”]



Tagalog house の本質を体験する準備はできましたか?

[Ready to experience the essence of Tagalog house? ]

翻訳元記事:
LONER IS A FILIPINO ARTIST CLASHING HIS COUNTRY’S IDENTITY WITH CLUB MUSIC & CALLING IT TAGALOG HOUSE
by LIA SAVILLO (03/09/2020
https://mixmag.asia/feature/loner-into-midnight-ep-filipino-tagalog-house-music



また、彼は現在のStyleの作品を出す前にContemporary R&B styleのAlbum ‘No Fidelity’ を1枚発表しています。そちらも相当素晴らしいので是非CHECKしてください。

[PH🇵🇭]LONER – ‘No Fidelity’ (Album)
http://harvest.tokyo/2020_11_loner-no-fidelity-album-ja/

[PH🇵🇭]Aries and LONER – ‘Manila Dance’ (EP)
http://harvest.tokyo/2020_11_aries-and-loner-manila-dance-ep-ja/

[PH🇵🇭]LONER – ‘Into Midnight’ (EP)
http://harvest.tokyo/2020_11_loner-into-midnight-ep-ja/


LONER
IG: @leanordinario
YT: Lean Ordinario
FB: lonerrecordings

InterviewCategory's Latest Articles