“MON/KU”

ライターとして日本で活躍していたkudo kiki(工藤キキ)さんがNYに渡った後、友人との音楽遊びの延長に曲を産みミュージシャン/DJとして活躍しているように(詳しくはtakaokaさんのインタビューを)、私たちを取り巻く音楽を産む環境はより直感的に進化し可能性に満ちている。今回紹介するMON/KUさんもこの2019年という時代が開花させた才能だろう。1カ月位前にアゲハスプリングスさんのTweetで知った彼の初作品から早くも3作目。ロマンティックでダークな世界観はそのままに自身の可能性を確かめるように発表される作品は徐々に人々を虜にしていて僕もその1人だ。どんな人か気になったんで少し話を聞いてみたよ。

まずは曲を聴こう。
(このページは、どれか一曲でもフルで聴かないとインタビューページは表示されな仕様になっているのです)

これが1作目。

これが2作目。

最新作3作目。

























・簡単なプロフをお願いします。

MON/KU(以後M):プロフですか‥。私曲作り始めてからまだ二ヶ月ぐらいでして、なんの経歴もないんですよねぇ😭
失礼ですが、逆に何が知りたいですかね?年齢は22です。

・では出身&現在の活動エリア、名前の由来、音楽を始めたキッカケをお願いします。

栃木県在住で、社会人してます。
“MON/KU”の由来は、文句から来てます。自分の心の奥にどぐろをまいている負の部分というか、そういうものが曲にすごい乗ってるなって思ったんですけど、自分の中の負を音にする僕の曲作りって、なんだか文句を言うって行為みたいだなって。そこからですね。あとは字面をかっこよくしたくてアルファベットと/使いました。
昔から音楽聴くの大好きだったんですけど、ふと作ってみたいなぁと思ったのが去年の年の瀬くらいで。なんの楽器も弾けないし、音楽的な知識もないんですけどとりあえず作ってみよって作ったのが『S I N K』って曲です。

・音楽ソフト使って勘で作ってる感じですか?

そうですねぇ。完全に手探りで、殆ど感覚だけを頼りに作ってますね。
「わかってない」からこそ自由に作れてるって側面もあると思うんですけどね。でもそれだけじゃきっとすぐ頭打ちが来てしまうというか、表現の幅が広がっていかないと思うので、色々と勉強していきます‥。

・アート的表現は今回が初めてなのですか?

初めてですねーこうやって表現活動をすることは。今までは専ら享受する側でしたから。

・影響を受けたアーティストを教えてください。

これ先日ツイートしたやつなんですけど、邦楽だとこんなかんじですね!

同じような感じで10代の頃影響受けた洋楽は、radiohead、bjork、james blake、sigur ros、bon iver、mogwaiあたりですかね。

・ライブ活動の予定は?

まだまだそんなビジョンは見えないのが正直なところですが、いつかはステージに立ってみたいという思いはあります。

・今後の予定とひと言お願いします。

兎にも角にも作っていきます!それが結果、皆さんに面白いと思って頂けるものならこんなに幸せなことはないです。

・新作楽しみにしてます!ありがとうございました!

本当に軽いインタビューになってしまったけれど、名前の由来あたりにMON/KUさんの世界観の秘密が少し垣間見れた気がします。
彼が作る楽曲がどのように変化し彼をどこに連れて行くのか?引き続きチェックして行きたいと思います。

MON/KU
soundcloud:
https://soundcloud.com/user-731900210
twitter:
https://twitter.com/MOON91756955

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る