v e r β ( u n d e r _ r e n o v a t i o n )

2018年4月

[US🇺🇸/UK🇬🇧]『bearface : why bearface is the best member of brockhampton』

好き過ぎるがゆえに誰にも教えたくない存在、君にもそんな経験があるはずだ。 僕にとってソレは、先日のRoy Blairの記事で言っていたKevin Abstract – “American Boyfridend〜”におけるsweetnessの正体であるbearfaceのことだ。 君だけに特別に紹介するよ。

[JP🇯🇵]DJ CHARI & DJ TATSUKI – ‘ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY'(HABANERO POSSE Remix)』

2017年を代表するNastyなフロアアンセムのHABANERO POSSE Remixが先週突如リリースされた。HPとしては久々の作品となるBINGOさんとGUNHEADの2人にコメントをもらったよ。

[US🇺🇸]『Kevin Abstract(Brockhampton) : The Most Sweetest American Boy』

先日RCAレコードと1500万ドル(約16億円)の契約(3年で6枚のアルバムリリース)を結んだことで更に注目を集めているBrockhamptonのFounderでありグループのアートディレクションからMVの製作、もちろん楽曲の制作も行うマルチクリエイターだ。

[US🇺🇸]『PNTHN』

US HIPHOP界で今1番FRESHなRap Collective、それが『PNTHN』だ。(PNTHN = 読み:Pantheon/パンテオン/意味:神殿、すべての神々) por vida作のクールなトラックと7人のMCによる多彩なフローが産むケミストリーは2018年版souls of mischiefとでも形容したくなるようなキラメキを持っている。 BROCKHAMPTONと同郷出身の地元の […]