MorMor

「こんな音楽があるなんて…夢のようだ」シューゲイザー感溢れるTrackの上でメロディアスなコーラスと共に歌うKevin Abstractの”American Boyfriend”(曲の方ね)を聴いた時の僕の感想だ。今日紹介するMorMorもきっとそんなアーティスト。昨日公開されたこのニューオーダーとサイケポップが合わさったような(音楽知識が乏しくて言葉が見つからない)楽曲”Outside”は僕に、21世紀に入って世界の時は止まったことを再認識させるんだ。過去と現代を繋ぐ先にある未来は今ここに在る。気絶しそうなほど酷く美しいEPも併せて紹介するね。聴けばわかるよ。

続きを読む

Dos Monos – “Dos City”

2019。日本のHIPHOPにおいて変革の
年になるであろうこの年をのちに振り返った時、象徴する1つにきっと”Dos Monos”は入るだろう。去年から熱を帯びていた彼等のアルバムが遂に全貌を現した。Grand Master”Illicit Tsuboi”がMixを手掛け絶賛するこの作品。アート化した事故現場のように混沌と必然が同居する未知の音世界を体験してみよう。

続きを読む

君島大空 – “鬼壓床”

君島大空。各所で絶賛の声が上がり続けている。気になり彼のMVで楽曲を耳にした。気だるく甘く囁くような歌声と青く響くメロディー。ドラムは天才ドラマー石若駿。EPを聴く。MV曲とは違う世界観。聴きながら所々で立つ鳥肌。EPが終わり流れる関連曲。なんだコレは。。。。。これは危険なブツ。呼吸を整えて、新たな才能を堪能しよう。

続きを読む

Caleb Steph – “Trapped”

Virginia出身の注目の新人”Caleb Steph”のDirtyHitからの2ndCutとなる”Trapped”が遂に解禁!初期50CENTというかG-UNITのProducerだったSha Money XLと前曲と同じくFred Warmsley(f.k.a Lee Bannon)による、2000年初頭のNYを感じさせる低めの重心で進行するタフなトラックに、Calebの端正で切れ味鋭いフローがハマったタイトだが聴けば聴くほどハマるヤバい曲に仕上がってる。

続きを読む

asuka ando x BUSHMIND – “Kiss With You EP”

東京を体現するDJでありProducerそしてStreetを構成する1人である”BUSHMIND”が、柔らかな歌声を奏でるRaggaeシンガーの”asuka ando”、そして渋谷系伝説のグループ”Sugar Plant”とタッグを組んだ新作”Kiss With You EP”(7inch ※クリア盤仕様)が遂に本日リリースされる。この楽曲のインフォと音源が街に放たれた時の、皆のTLや街角に飛び交った喜び。それは楽曲の良さだけでなくBUSHMINDのNEXTを見つけた手応えだったんじゃないかな。まぁとにかくサンプル音源を聴いてみてよ。

続きを読む